Skip to main content

PMM の強み

概要#

DODOはオリジナルのプロアクティブ・マーケット・メイキング(PMM)に基づく流動性プラットフォームです。PMMは分散型オラクル(oracle)を導入して価格を指導し、資金を市価の近くに集め、十分な流動性を提供します。

市価から離れるところでは、流動性が急速に低下します。下図にはDODO(PMM)とUniswap(AMM)の価格曲線(pricing curve)の比較を示しています。

明らかにPMMの曲線は市場価格の近くでAMMの曲線よりもっと平坦です。これはPMMが高い資本効率(capital efficiency)と低いスリッページを持つことを意味しています。同時にPMMが提供する価格はより安いです。

市場価格が変化する時、AMMは受動的に裁定取引により価格を変えます。PMMは受動的に裁定取引を待つのではなく、能動的に価格曲線の位置を変えることにより、価格曲線は常に市場価格の近くで平坦に保たせており、即ち、十分な流動性を提供しています。

PMMは以下のいくつかの重要な方面においてAMMより優れています。#

  • 高い資本効率

上記の図で分かるように、PMMはAMMと同じで、ゼロから無限大の価格範囲で流動性を提供していますが、PMM価格曲線はオラクル価格(市価)の近くで明らかにより平坦です。つまり、PMMは多くの資金を市価の近くに集め、より活発で頻繁な取引ができるようになり、資金の利用率が高くなります。

  • 単一リスクエクスポージャー

上記の価格曲線にはそれぞれの価格曲線には二つの部分があります。左側の購入価格と右側の販売価格です。これらの2つの部分は異なる深さ或いは流動性を有し、いわゆるスプレッド(bid-ask spread)を引き起こします。

PMMアルゴリズムの中では、販売価格の流動性は資産池のbase tokenでのみ決定され、購入価格の流動性は資産池のquote tokenでのみ決定されます。PMMアルゴリズムは、base tokenとquote tokenの資産が同じ価値でなくでも問題ありません。すなわち、流動性プロバイダー(liquidity provider)は任意規模のbase tokenとquote tokenを預け入れることを許容します。DODOの流動性プロバイダは自己所持の資産を預け入れるだけで十分です。 注意:このような仕組みはとても簡潔で、販売側と成約したい時、流動性プロバイダーのbase tokenのみを利用し、quote tokenとは関係ありません。

最小変動損失#

PMMの変動損失を最小限にするために流動性プロバイダーが持つ資産を安定させ、価格の変化によりその配置を変化しないことです。

PMMアルゴリズムはどのように流動性プロバイダーが持つ資産配置のバランスを保たせるのですか?その答えは裁定取引を奨励することです。あるトレーダーがbase tokenを購入する時、PMMは価格をわずかに高くし、裁定取引で確実に利益が得られるようにします。裁定取引により、資産池の資産が大幅に変動しないことが保証されます。このような仕組みは、流動性プロバイダーの変動損失を効果的に低くすることができます。

次世代流動性ソリューション#

流動性はDeFiの世界で最も重要な資源です。それはすべてのDeFiプロジェクトの根本だからです。現在、市場では二つの分散型流動性プラットフォームがあります。

  • アルゴリズム・マーケット・メイカー(例えば、Uniswap)
  • オーダーブック(例えば、dYdX)

以上の二タイプのどちにもいくつかの欠陥があります。

  • 中心化取引所に比べ、AMMは主流資産に十分な流動性を提供できません。また、AMMは非主流仮想通貨に対し、最低量の流動性しか提供できません。
  • オーダーブックはマーケット・メーカーが中心化取引所から流動性を運搬することに依頼しています。専門的かつ効率的なマーケット・メーカーが提供するサービス料金が非常に高くて、ごく少数の分散型取引所しか負担できません。このほか、オーダーブックに人為的な要素があるため、スマート・コントラクトは直接的に流動性を利用することが難しくさせ、オフチェーンでオーダー・ブックの流動性は組み合わせ機能を失い、DeFiプレイヤーの活動領域が制限されます。

PMMもアルゴリズムで流動性を提供するプラットフォームで、他の案と比較して、長所を伸ばし、短所を避けたと言えます。PMMはすべての資産に十分かつ安価なオンチェーン流動性を提供し、DeFiプレーヤーにもっと快適な活動領域を提供できるようにしました。