Skip to main content

トークンの経済モデル

DODOトークンの経済モデルはどのようなものですか?どんな使用シーンがありますか?#

現在、DODOトークンは管理貨幣のモデルで、主に分散型取引所の各運営活動に対する管理に用いられています。ユーザーはDODOトークンを担保にしてプラットフォームの管理に参加することができます。

後に手数料の収入が十分増えたら、さらに別の経済モデルのプラットフォーム通貨を追加します。例えば、一部の手数料でDODOトークンを買い戻して廃棄したり、積極的に管理に参加しているトークン持ちのユーザーを奨励したりします。NFT資産との結合を含む他のトークンの使い方も探索しています。近いうちに私達のこの方面のいくつかの新しい情報を見られるでしょう。

BancorからUniswapまでさらにCurveに行くと、AMM自動化のマーケットメーカー、オラクルの発展があったから、今年のDeFi市況の大爆発を助長したと言えます。しかし、それは完璧なマーケットメーカー(MM)ですか?どのような長所と短所がありますか?

AMMアルゴリズムの核心的な公式はX×Y=Kです。AMMから、DeFi builderの発想が爆発しました。 AMMは数学的アルゴリズムで取引を実行できるようにしました。AMMは一つのDEXとして、Uniswap、Balancer、Curveなどが流動性をそれぞれのdefiプロトコルに共有させ、爆発的に成長しました。これはAMMの長所です。

AMMアルゴリズムは人の心を啓発しますが???、AMMは本質的に一種のマーケットメーカー策略です。しかし、それはとても怠け者のマーケットメーカー策略で、いかなる外部の情報を知らない情況の下で、資金を0から無限大の価格区間に平均的に分散します。しかし、市場の中間価格の近くの資金だけが頻繁に取引されています。ほとんどの資金は帳簿上で利用されていません。だから、マーケットメーカーの効果からいうと、AMMの資金の利用率は低く、スリッページが大きく、完全に人工マーケットメーカーに及ばない、これは足りないところです。

したがって、AMMはDEXの終点ではないと思います。DEXをさらに一歩前に進めるには、人間を模倣したマーケットメーカーを行うべきだと考えています。外部の価格基準を導入することで、予想価格の近くに資金を集中させ、資金の利用率を高めます。同時に、DEXでの価格発見と有効な流動性の提供方法を考えています。中心化取引所の方式がとても参考価値があります。中心化取引所の流動性の大部分は専門的なマーケットメーカーが提供しています。DODOの先進的なアルゴリズムの設計は、マーケットメーカーがオンチェーンでマーケットメイキングが可能になります。

AMMにおいて変動損失の問題があります。PMMマーケットメーカーは変動損失を生みますか?どのように避けられますか?#

マーケットメイキングによる損失といえば、よく知られている言葉の一つが変動損失です。AMMの変動損失がどのように発生したかを知るには、AMMアルゴリズムの原理と裁定取引を理解しなければなりません。

AMMは1種の”怠け者”のマーケットメイキングアルゴリズムですので、それは資金を0と無限大の価格区間を平均的に分散します。外の市場価格が変わったら、裁定取引者が現れ、裁定取引により、AMMの価格を外部市場と一致させます。

AMMアルゴリズムでは、2種類の資産の量の積は一定です。AMMの価格は資産池にある二つの資産の割合で決められます。価格が変化すると、資産の比率が変化します。つまり、資産の配置の変化を意味します。

例えば、ETH-USDCを例にとって、AMM価格は100で、あなたの資産構成は1 ETHと100 USDCで、積は100です。

ETHの外部市場価格が150 USDCに上昇した時、裁定取引者がAMMにETHを買いに来ます;AMM価格が市価に等しい時、あなたの資産が変化しました。X×Y=100;Y/X=150になりました。

式を解いて計算してみると、資産は0.82 ETH+122.47 USDCになり、価値は245.47(0.82 *150+122.47)です。

もしあなたの資産の配置が変わらないならば、価値は250(1 x 150+100)です。245.47と250の数字の差は変動損失で、これは本質的に資産の配置比例の変化による価値の損失です。

変動損失を解消するには、根本的に問題を解決する必要があります。つまり、LPの資産構造に介入しなく、任意の資産比率で流動性を提供できるようにします。

AMMは資金池の二つの資産の割合によって価格を提示していますが、両側の資金池の価値規模が違うことを許容すれば、別の価格源を探さなければなりません。DODOが提案したソリューションは、オラクルを導入することによって、マーケットメーカーに対する資産構造の制限を解除します。それで資産池の資産の量は価格と関係がありません。マーケットメーカーに単一の資産をチャージしてマーケットメイキングできるようにし、AMMのような変動損失を避けました。