Skip to main content

DODO V2 docs

プロジェクト紹介##

DODOは、アクティブマーケットメーカー(PMM)アルゴリズムによって駆動される分散型取引プラットフォームです。資本効率の高い流動性プールが特徴であり、一方的なトークンの流動性供給をサポートし、非永続的な損失を減らし、取引中のずれを最小限に抑えます。 DODOはSmartTradeも提供しています。これは、さまざまな流動性ソースを見つけてインテリジェントにルーティングし、任意の2つのトークン間の最良の価格を見積もることができる分散型流動性アグリゲーターサービスです。さらに、DODOは、新しい資産流動性プールの確立に関するさまざまな制限を排除し、資産比率、流動性の深さ、手数料率などを自由に定義してリアルタイムで調整できるようにします。新規資産発行の基準額は最大限に引き下げられます。これに基づいて、DODOはクラウドファンディングプール(許可と機会均等を必要としない流動性発行メカニズム)と、プロフェッショナルチェーンのマーケットメーカー向けのカスタマイズ可能で柔軟な技術ソリューションを開発しました。

DODOプロフィール#

DODOは次世代のオンチェーン流動性プラットフォームです。その特徴はプロアクティブ・マーケット・メーキング(Proactive Market Making、PMM)アルゴリズムを用い、オンチェーンで組み合わせ可能なスマート・コントラクトで流動性を提供することです。

DODOのメカニズム#

DODOはマーケットメーカーの資産を使って市価近くで十分な流動性を提供します。同時に、DODOは動態的に価格を調整することによって、裁定取引を誘い込み、マーケットメーカーのリスクを低くします。

DODOの強み#

*低いスリッページ(slippage)

*単一リスクエクスポージャー(risk exposure)

*最小変動損失(impermanent loss)

どのようにDODOを活用するのか?#

  • トレーダーとして:

*普通のトレーダーは中心化取引所と同じように十分な流動性を享受できます。

*裁定取引者はDODOと他の取引所の間でアービトラージ(arbitrage)により利益を得ることができます。

*スマート・コントラクトはDODOの流動性をそのまま利用して、オンチェーンで清算、オークションなどが操作できます。

  • マーケットメーカーとして:

*資産の種類と預け入れる最低量に制限はありません。

*取引手数料の配当が得られます。

*自由に取引ペアを作成します。

*マーケットメイキングの資金が必要ありません。自分所持のトークンをチャージするだけでよいです。